toggle
広島の解体業(家屋・設備撤去・スクラップ買取・産業廃棄物収集)
  • 広島の解体業

解体工事を行うにあたっては、今後、解体工事業による建設業許可が必要となります。
建設業法では一定規模の建設業を行う場合は建設業の許可を受けなければならないとされています。
建設業許可には特定建設業許可と一般建設業許可があり、工事規模や請負金額により区分されています。
建設業の許可を受けるためには専任技術者等が必要で、
専任技術者と認定されるには1級土木施工管理技士や1級建築施工管理技士等の資格が必要です。

全国にはたくさんの解体業者がありますが、残念ながら悪徳業者も存在します。

建設リサイクル法では、解体業を行うためには必ず都道府県知事への登録が必要であると定められています。
都道府県知事への登録がされた正規の業者であることは必ず確認しましょう。
許可証については、見せてもらうだけでなく、コピーを受け取っておくと確実です。

住宅メーカーから解体業者を紹介された場合、自分で探すのは面倒だからと一括で依頼してしまいがちです。
しかし、そういう場合中間マージンが発生しているので、料金が割高になる傾向があります。
面倒でも自分で探したほうが、費用を節約できます。

複数の業者に見積もりをとることはお勧めできますが、一番安い業者に依頼をするのは待ったほうがいいです。
安すぎる業者には、それなりの理由がある場合があります。
手抜き工事をされるケースだけでなく、不法投棄などをして利益を得ている場合もあります。
不法投棄では依頼主も罰せられるケースもあるので、注意をしておきましょう。

悪徳業者にひっかかることなく騙されないようにしなくてはなりません。
最近は手口も巧妙化してきていますので、様々なトラブルがあります。
例えば、安い見積もりを出しておいて、後から高額な追加料金を請求される場合です。
見積りの比較サイトなどを利用して業者を見つけた場合、他の業者よりも安い見積もりを出して契約をし、後から追加請求をして、結局は他の業者よりも高額を請求するようなケースです。
そして、工事を途中で投げ出してしまうような業者もあります。

施工事例
C様邸解体工事
D様邸解体工事